「問題が解決できないのは対人関係のせいである」マルかバツか?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 

多くの人は、仕事や家事や勉強で悩んでいる風で、実は対人関係に悩んでいる。

「すべての悩みは対人関係によるものである」というようなことを、心理学者のアルフレッド・アドラーさんが言っていた。

うまいこと言ったもんだ!と思う。

 

いま目の前で起こっている問題は、対人関係が絡むことで複雑になっていると思う。

ぐちゃぐちゃになって固い塊になってしまった、釣り糸の「おまつり」のように。

だんだんと面倒になり、向き合う気力がなくなっていき、感情的になり、「この問題は解決できない」という判断に至ることさえある。

でも逆に、そうであるならば。

複雑に絡み合って塊になってしまった釣り糸の「おまつり」のように、根気強く1本1本に仕分けしていけば、問題は解決できるということだ。

解決できない問題はない。

 

問題解決を諦めるケース

例えば仕事をしていて、解決するのが難しそうな問題に直面したとしよう。

その問題は、技術的なことや、仕組み・ルール、知識的なこと、そして人のことが、ぐちゃぐちゃに絡みあっていて、解ける気がまるでしない「塊(かたまり)」になって目の前に置かれている。

釣りに例えると、糸と糸が複雑に絡み合っている「おまつり」状態。

しかも、それが船に乗っている10人全員の釣り糸と絡んでしまっているとわかったら……

もう、考えただけで気持ちが萎えてしまう。

そしてたとえば、「自分のせいではない!あいつが下手だからいけないんだ!」と感情的になりはじめたとしたら……

もう糸(縁)を切るしかない、と思ってしまう瞬間があるかもしれない。

 

問題解決を諦められないケース

「もういいや、切ってしまおう。」

それも1つの問題解決方法かもしれない。

でももし、もう仕掛けがひとつもなかったなら。

糸がそれしかなかったら。

竿を振って魚を釣るという、目標を達成するための次の行動が起こせなくなる。

そんな簡単にもつれた糸を切ることができない場合だってある。

その人との縁は一生切れるものではない場合だって、ある。

「この糸は切ってはいけない」

でも、

「複雑に絡み合ったこの対人関係を、元に戻す方法はないんじゃないか……」

そんな風に思ってしまったとき、どうすればいいのだろうか?

 

目の前の問題は、必ず解決することができる

「このぐちゃぐちゃに絡み合った糸(問題)は、必ず1本1本に仕分けることができる」

と、まずは信じるだけでいいと思う。

おまつりした釣り糸だって、元は1本1本だった。

絡み合った問題も、元は1本1本。

人間も、元は1人1人だ。

ぜんぶぐちゃぐちゃに混ざってしまっているから、気持ちが萎えて、途方に暮れてしまうってだけで。

それらは元は1つ1つだし、1つ1つと丁寧に向き合ってみれば、原因と結果、事実と解釈、それぞれ1つずつしかないことがわかる。

だから。

問題は必ず解決することができる。

まずは1本ずつ、1つずつに仕分けすることから、はじめよう。

 

まとめ

向き合うために一番気力と体力を使うのが対人関係。

だから、多くの人は、「この問題は自分にはどうしようもないんだ!」という理由を見つけてきて、問題から目を背けようとする。

それも無意識に。

無意識だから厄介だ。

「すべての悩みは対人関係である」という切り口で、目の前にある問題を見つめてみると、塊になった釣り糸を1本1本にほどく糸口が見つかるハズ。

無意識に避けているものを、意識することから、問題解決が始まるのだと思う。

それではー!

 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ