健康とパフォーマンスを高めるシンプルなコーヒーの淹れ方。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 

ネルドリップ、ペーパーフィルター、金属フィルター、フレンチプレス、エスプレッソ、サイフォン式……

コーヒーにはさまざまな淹れ方があり、味と同じく好みが分かれるところですよね。

ではその視点を「今日の健康とパフォーマンス」に集中させてみましょう。

そうすると、淹れ方は絞られてくる!

結論から行きます。

 

健康とパフォーマンスを高めるたの「毎朝の特別な1杯」は、

コレス シングルカップ ゴールドフィルター C210

を使って淹れることができる。

それでは詳しく参りましょう。

 

健康とパフォーマンスを向上させるコーヒーの淹れ方

「健康とパフォーマンス」に視点をおくならば、

金属フィルターでコーヒーを淹れる

という選択肢に絞られます。

コーヒーの成分でもっとも注目されているのはカフェインですが、そこから抽出される油脂「カーウェオール」と「カフェストール」もまた、体に良い影響を与えてくれる成分なんですよ。

そして、金属フィルターを使えばこの貴重な油脂を最大限守りながらコーヒーを淹れることができるのです!

ではでは、その油脂の何がいいのかと、今日の健康とパフォーマンスを良くする朝の1杯を淹れるためのオススメの金属フィルターをご紹介していきます!

 

カーウェオールとカフェストールの効能

カーウェオールとカフェストールの効能について調べてみるとさまざまな説がありますが、ここでは「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」に書いてあることを信頼するという立場で書いていきます。

本によると、カーウェオールとカフェストールは強力な抗炎症性物質であり、体の酸化ストレスとDNAのダメージを防ぐとのこと。

ではまずは「酸化ストレスのダメージを防ぐ」というところに注目しましょう。

 

酸化ストレスは体に有害な作用である

酸化ストレスとは、「酸化反応により引き起こされる生体にとって有害な作用」のこと。

酸化自体は摂取した栄養素からエネルギーを生み出すために必要な働きで、それによって活性酸素が生まれます。

なのですが、たとえば過度の運動やその逆の運動不足、喫煙しすぎたりして不健康な生活が習慣化していたり、慢性炎症などによって活性酸素の生成と除去のバランスが崩れることがある。

それで起こるのが酸化ストレスで起こるのは以下のようなこと。

酸化ストレスが高い状態が続くと、私たちのからだを構成する全ての分子-核酸(DNAやRNA)、タンパク質、脂質、糖質が酸化されていきます。いろいろな病気でこれらの酸化された分子が蓄積していることがわかっています。

例えば、糖尿病では糖が酸化されタンパク質と結合した異常な糖化タンパク質が増加しています。

また、動脈硬化を起こした血管では酸化脂質が溜まることにより血管の内径が狭くなった結果、血液の流れが悪くなると言われています。

パーキンソン病やアルツハイマー病といったお年寄りに多い脳の病気でも、酸化をうけた核酸やタンパク質が蓄積していることが知られています。

酸化ストレス | 健康長寿ネット – 長寿科学振興財団より

 

酸化ストレスによるダメージを防ぐことで得られる健康

つまり、逆に言えば、酸化ストレスによるダメージを防ぐことができれば、糖尿病やパーキンソン病やアルツハイマー病を予防し、血液の流れを改善できる可能性が高まるということです。

167218644_b9110ece4e

photo credit: Schaukeln in der Abendsonne via photopin (license)

炎症を防ぐことによって得られるパフォーマンス

では次に、パフォーマンスについて。

体の中で起こる「炎症」というものは、多くの病気の中心には高度の炎症がある、ということがわかっています。

炎症はなかなか自覚できません。だけど確実にパフォーマンスに影響を及ぼすもの。

特に脳は、炎症について人間には気にさせないようにしているくせに、最も炎症に影響される部位のようです。

体のどこかが炎症になると、脳は敏感に察知し、集中力をそちらに注ぎ始める。

脳にとって炎症は、未来に起こりうる深刻な問題のシグナルであり、いますぐにでも対処すべきものという位置付けなのです。

さらにやっかいなのは、「脳にも炎症が起こる」ということ。

脳が炎症を起こすと、ぼくやあなたは不機嫌になり、頭のキレは鈍る。

俗に言う「バカ」になってしまうのです。笑

medium_3549378285
photo credit: DeusXFlorida (2,006,995 views) – thanks guys! via photopin cc

 

「コレス」の金属フィルターでコーヒーの貴重な油脂を守れ!

いやいや、笑い事じゃないですよね。

バカを装うならまだしも、本物のバカにはなりたくないものです。

金属フィルターでコーヒーの貴重な油脂「カーウェオール」と「カフェストール」を守りましょう。

そこでオススメしたいのがこちら!(ジャパネットたかたみたいになっちゃった笑)

 


コレス シングルカップ ゴールドフィルター C210

 

買いました。

ううむ。かっこいいな。

これの気に入っているところは、金色と、コーヒーを1杯だけ淹れられるところ。

「1杯だけ」って特別な感じがします。

豆はトータスコーヒーの「コロンビア スプレモ」。

【参考記事】バターコーヒーに最適なコーヒー豆は「トータスコーヒー」で買うことができる件。

では、朝の最高の1杯を淹れるために集中し、時間を濃縮していきますね。

できた。

貴重な油分も守られていそうです。

 

コレス シングルカップ ゴールドフィルター C210でコーヒーを淹れる方法については、以下を参照してください。

いや、全然難しくないですよ。

というか、コーヒー豆さえ良いものを購入できれば、淹れ方が多少セオリーとは違っても(よっぽどおかしな淹れ方しなければ笑)美味しくできあがりますので、ぜひ気軽にやってみてください。

 

コレスゴールドフィルターの特徴

コレスゴールドフィルターにはその名の通り金(純金)が使われているそうです。

純金素材フィルターで淹れる理由 | コレスより

 

コーヒーショップの丁寧なハンドピックしかり、コレスのゴールドフィルターしかり。

やはり、美味しさを追求することと、健康とパフォーマンスを追求することはつながっているんですね。

 

まとめ

特別な1杯の幸福感を自宅で味わうことができるツールを見つけました。

コレス シングルカップ ゴールドフィルター C210

 

これ、ぼくはだいぶ好きです。

貴重な油脂を守って淹れたコーヒーに、グラスフェッドバターとMCTオイルを加えて撹拌する……

最高のバターコーヒーにまた一歩近づきました。

日々、進化です。

【参考記事】
寝ながら脂肪を燃やし目覚めたら集中力をマックスにする「バターコーヒー」の作り方。
美味しいバターコーヒーづくりに最適な耐熱性ブレンダー(ミキサー)1選!
バターコーヒーが習慣化した人向けの「最高のグラスフェッドバター」をご紹介。(2017/8/14時点)
バターコーヒーに最適なコーヒー豆は「トータスコーヒー」で買うことができる件。

 

でも、金属フィルターはこれだけではありません。

よりお手軽なものがよければ、以前に紹介したHARIO (ハリオ) ドリッパー カフェオール コーヒー ドリップ 1~4杯用 ブラック CFOD-02Bでもいいと思いますし、HARIO (ハリオ) カフェプレス スリムS コーヒー & ティー プレス 1~2杯用 ブラック CPSS-2TBとかは安いし短時間で淹れられるし使い方も簡単なフレンチプレスです。

「コーヒーの貴重な油脂を守る」のみが条件なら、他の金属フィルターでも、フレンチプレスでも、エスプレッソマシンでもいいんです。

試しながら自分に最適なツールを探すのもバターコーヒーライフの楽しみのひとつ。

自分にとっての「特別なひとつ」が見つかるといいですね。

それではー!

 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ