「悔いのない人生だった」と言って一生を終えたいと思ったらやるべきこと。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 

上田市のとあるコーヒーとカレーのお店のお母さんが亡くなったという話を聞きました。

そこのカレーはとても美味しくて健康的だとの噂を聞き、以前に食べに行ったのですが、残念ながらお休みで食べれなかった。

また行こう、絶対食べたい、と思っていたのですが、食べることができなくなってしまいました。

死を直前にした人が後悔していること

オーストラリアのホスピスで看護師をしていたブロニー・ウェアは、死を迎える患者たちが最後に後悔していることを聞き、記録しつづけた。

その結果、もっとも多かった答えは「他人の期待に合わせるのではなく、自分に正直に生きる勇気が欲しかった」。

と、この本にあります。

 

そのカレーのお店の方は、亡くなる直前に「悔いのない良い人生だった」と言っていたそうです。

きっと、他人の期待に合わせるのではなく、自分に正直に生きた強い人だったのではないかと思います。

自分に正直に生きる方法

「自分に正直に生きる」が自然にできる人がぼくの周りには何人かいます。

その人たちは、自分が感じたことをあるがままに受け止めて、表現することができる。

もしかしたら理解してくれる人は少ないし、悩みはあるのかもしれないけれど、正直に素直に生きているので、その瞬間瞬間後悔のない人生を送っている人なのかもしれません。

かたや、ぼくのような「他人の顔色を気にして生きる」のがクセになっている人は、自分に正直に生きることにあこがれています。

他人の顔色を気にしてしまうのは、人に嫌われたくないとか、人と違うのが怖いとか、そんな感じ。

とにかく他人の意見が気になる・怖いのです。

そんな人が自分に正直に生きるための方法を見つけました。

それは、「他人がどう思うかは自分にはコントロールできないと理解すること」です。

世界には60億以上の人がいて、それぞれの物の捉え方があり、意見があります。

何をしても、どんな行動をとっても、その人たち全員に好かれることなどおそらくできません。

だから、好かれたり、嫌われたりしないように、できるだけ目立たないように意見を主張せずに、目の前の他人の期待に合わせて生きようとする。

でも、そんな人を「あいつは自分がないから嫌いだ」と言う人だっているかもしれませんよ。

他人の思い方なんてわからないし、コントロールできないし、どう思おうがその人の自由です。

人に迷惑をかけてもいいという話ではなく。

ただ、「誰にでも好かれていたい自分」への執着を捨てて、自分の感じたことや意見を言えばいい。

執着に値するものはなにひとつ存在しない

とこの本に書かれています。

 

まとめ

人に好かれる・嫌われるなんてコントロールできないし、死ぬときに後悔しなくて済むのなら、一部の人に嫌われるくらい大したことではありません。

自分に執着せず、感じるままに動き、表現すればいいのです。

自分に正直に生きていれば、少ないかもしれないけれど、この広い世界ですから必ず誰かが共感してくれます。

そのお店の、自分に正直に生きた人の、美味しいカレーは食べれなかったけれど。

大事なことを教えていただいた気がします。

それではー!

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ