名古屋「とん八」で食べたみそカツが体に溶け込むような美味しさと優しさで震えた件。

スポンサーリンク


 
名古屋「とん八」で食べたみそカツが最高でした。

 

名古屋「とん八」の人気

名古屋とん八は、どうやら有名店だったようです。

何も知らずに行ってみたら、 10組以上のお客さんが並んでいました。

待つのは嫌いなのですが、ここは間違いないお店だと確信したので列に並ぶことに。

 

「とん八」の優しさ その1

とん八は、お客さんに優しいお店でした。

2017/2/11は大寒波到来で、名古屋でも雪が降っていたのです。

降ったり止んだりしていたのですが、結構な量の雪が降ってきたときに、店員さんがたくさんの傘を抱えながら「よかったら傘使ってください」とて外に出てきてくれたのです!なんと!

優しいなぁ…と寒かったけど心が温まりました。

 

「とん八」のメニュー

なんとなくですが、職人的なお店な感じがしたので、メニューはみそカツだけだろうと想像していたら、

こんなにありました。笑

はじめてなので、やっぱり「味噌とんかつ定食」ですよね。

 

「とん八」の優しさ その2

30分くらい並んでやっと店内に入れました。

びっくりしたのは「おしぼり」。

温かいのは当然なのかもしれませんが、その上ふわふわしていて、そしてなんと超いい匂いがしたのです。

おもてなしの精神が光っています。

 

「とん八」のみそカツ

「味噌とんかつ定食」きましたよ!

なんとも美味しそうなみそカツじゃないですか!

いただきます。

いままで食べたことのあるみそカツは結構甘かったので、そんな心構えで食べたのですが…

甘さはありつつも、あっさりすっきりした甘さ。

いままで食べたことのある「甘ったるさ」のあるみそではありません。

これは美味しい…

速攻でなくなってしまいました。

なくなってしまうのが寂しいくらい美味しかったです。

 

「とん八」の優しさ その3

とん八の優しさはまだあります。

店内はとても整理されており、掃除が行き届いてて、静かで、整然としている感じです。

みそカツを作る人、お皿やキャベツを用意する人、ホール担当、と役割分担も明確にされているようで、動きに無駄がありません。

その場にいて気持ちがよかったのは、余計な神経を使わせない場作りがされていたからだと思います。

おかげで、食事を楽しむことに集中することができた。

優しさ、おもてなし、食事、すべてが素晴らしいお店だなと思いました。

 

まとめ

良いお店とは何か?を学ばせていただきました。

お客さんの「見えない気持ち」をとことんまで考え抜いて場作りをする。

優しさとおもてなしと料理、すべてが揃って、「おいしい食事」なのかもしれません。

忘れられない名古屋「とん八」のみそカツでした。

それではー!
 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

     follow us in feedly   

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。よろしくお願いします!好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ