人間はなぜ子孫繁栄させることができたのか?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
人間は強い生き物です。

でも、強いと言っても、他の動物と比べて肉体的に強いわけではなく、むしろ弱い方でしょう。

肉体的に弱い人間は、それでも他の動物に負けずに生き延びています。

そして、子孫を繁栄させることに成功している。

そういう意味で、強い生き物です。

では、人間はなぜ子孫を繁栄させることができたのでしょうか?

昨日「なるほどー!」と思った話を振り返ります。

 

人間は拡張していく生き物

Embed from Getty Images

人間は、発達した脳を使って、体の機能を拡張してきました。

飲み物を無駄にせずこぼさないように器をつくったり、肉や木を切るために斧を生み出したのは、「手」を拡張するための工夫です。

草履は「足」を拡張するためのもので、それは、自転車、車、船、新幹線、さらにはロケットと、移動手段を拡張していきました。

いまは、手や足を拡張するために使ってきた「脳」さえも、パソコン、スマホ、AIへと拡張しはじめています。

 

人間が拡張させたもっとも偉大なもの

上に紹介した、手・足・脳を拡張したことも、人間の強さであり、子孫を繁栄できた理由かもしれません。

でも、昨日聞いた話からすると、人間が拡張させたもっとも偉大なものは、「胃」なのです!

 

人間はなぜ子孫を繁栄させることができたのか?

人間がなぜ子孫を繁栄させることができたのか?

それは「胃」を拡張させたからだ、ということです。

胃は、食べ物を消化するための機能を持っていますよね。

食べ物は人間が活動するためのエネルギー源です。

でも食べ物を消化できないと、エネルギーにはなりません。

消化をすることで生きることができているとも言えます。

消化をするということは、食べ物を分解するということ。

分解は食べる前から始まっています。

動物でさえ、ちぎったり、引き裂いたり、噛んだりして、食べ物を消化しやすくするために工夫しています。

人間も、切ったり噛んだりして消化しやすいようにしていますが、さらにその上を行く「料理をする」という方法をあみだしたのです。

Embed from Getty Images

例えば食べ物が生のままで、固くて噛み切れなかったりしたら、人間は煮たり焼いたりして柔らかくする。

もっとすごいのは、糀や納豆など菌を使った発酵技術を使い倒して、食べ物を事前に分解させたり美味しくしたりします。

人間は胃を外部に出すこと、つまり胃を拡張させることに成功したのです!

 

まとめ

人間は胃を拡張させることによって、こんなに小さな体で、大量のエネルギーを発生させて、弱肉強食の世界で子孫を繁栄させることに成功したのです。

手足の拡張はなんとなくイメージすることはできていたのですが、胃を拡張させるって、いままで想像もしたことありませんでした。

料理を編み出したことで、人間は子孫を繁栄させ、生き残ってきたのかもしれない…というのは新しい視点でした。

料理は愛情そのものです。

人間は、愛情によって生き延びたのですね。

それではー!
 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ