なぜ筋トレが冷え性に効くのか?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
こんにちは!
信州上田の大野です。

なぜ筋トレが冷え性に効くのか?実体験でわかりました。

それでは昨日を振り返ります。

 

足が冷えて眠れなかった夜

先日、足が冷たくて冷たくて、よく眠れない日があったんです。

布団に入っても、手でこすっても、温まらず。

何度も何度も目が覚めました。

食べ物には気を使っているつもりなのですが、それでも、どうも体の調子がおかしいなぁ…と思う時があります。

 

週1回の筋トレ日の夜

その翌日、筋トレに行きました。

いままでずっと胸の筋肉をつけたくて、胸中心の筋トレをしてきたのですが、マイトレーナーの「市川さん」が、「1月からは他の部分の筋トレもしていきましょう!」と言ってくれたおかげで、胸・背中・足のビッグスリーと呼ばれる筋肉をまんべんなくトレーニングすることに目覚めました。

「デザート」として最後に腹筋をし、合計4種類の筋トレを1時間から1時間半かけて、限界近くまでトレーニングするメニューにしたのです!

ストイック!笑

メニューを変えて2回目の筋トレ日。

その日の夜は、足がぽっかぽかで熟睡することができたんです。

 

なぜ足がぽっかぽかになったのか?

なぜ足がぽっかぽかになったのでしょうか?

考えてみると、おそらく足の筋トレをしたのが良かったのだと思います。

足先は血液を全身に送り込む心臓から最も遠い位置にあります。
(人間の血管をすべてつなぎ合わせると地球2周半にもなるそうです)

でも、足の筋トレをすることで、血流がよくなった上に、血液の温度が上がったのだと思います。

筋肉は血液を温め、体を温めてくれます。

男性より女性に冷え性の方が多いのは、単純に筋肉量の違いがあるからです。

 

なぜ筋トレが冷え性に効くのか?

なぜ筋トレが冷え性に効くのか?を調べてみたら、「ふくらはぎの筋ポンプ作用」で血流がよくなる、ということがわかりました。

先ほども書きましたが、足は血液のポンプである心臓から最も遠い位置にあり、心臓のポンプ作用は足先までなかなか届かないのです。

しかも立っていれば重力がかかりますので、足には血液が滞りやすい構造であるのは間違いありません。

そこで血液を循環させる役割を担っているのが筋肉です。

「ふくらはぎ筋ポンプ作用」というものがあり、ふくらはぎの筋肉が収縮することで静脈が圧迫され、血液が絞り出されるように流れるようになっているのだそうです。

これは「足のむくみ」にも関係があり、足に溜まってしまう水分も、この筋ポンプ作用で正常に流すことができます。

筋トレでふくらはぎの筋肉をつけると、冷え性にも効くし、足のむくみまで治る可能性があるのですね。

 

まとめ

足の筋トレをすれば、冷え性もむくみも改善でき、睡眠不足も改善できます。

体をつくっている食事と筋トレを組み合わせれば、体の芯から健康になれるのは間違いありません。

いろいろわかってきました。

筋トレと食事を突き詰めていこうと思います。

それではー!

 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ