【振り返り】スケジュール通りできないのは、毎日を大切にしていないから。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
こんにちは!
信州上田の大野です。

昨日を振り返ります。

 

バリューブックス上田原倉庫で元旦アルバイトをした

1月1日に仕事をしたのは、生涯初かもしれません。

車通りのほとんどない道路を、上田原倉庫へと向かいました。
img_20170101_085503

 

すると、多くの人が倉庫に集まっているではありませんか。

すごいエネルギーがこの場所に集まっている…

他の倉庫からも助っ人が3人来て、万全の体制、にも関わらず、それでも仕事は忙しかった。

でもみんなで、気遣いあって、励ましあって、大きな波を越えている感覚があります。

あまり力になれませんでしたが、その一員になれた気がしてなんだかうれしかったです。

またバリューブックスが好きになりました。

2017年1月15日まで買取査定金額20%upキャンペーン中です。





 

1日のはじまりに立てたスケジュール通り実行できなかった

昨日の朝8:30に1日のスケジュールを立ててから行動をはじめました。

いままでの自分にはできなかったことをちゃんとやろうと思い、書いて、その通り実行しようと思ったのです。

でも、これが時間通りにいかなかった。

アルバイトは16:00までと書いたのに、オーバーして17:00まで働いてしまいましたし、21:00から翌朝の朝ごはんの仕込みをすると書いて21:30にようやく重い腰を上げ、17:00から年賀状を書く(遅い)と書いておきながら、ダラダラしてしまい、結局22:00からはじめて深夜にやっと書き終わるという始末……

書いた通りにできないのは、日々を大切なイベントと思っていないからだと思います。

例えばSMAPがコンサートのときに、時間を急に変更したり、タイムスケジュールをチェックしなかったり、途中でやる気がなくなって「世界にひとつだけの花」を歌わない、なんてことはありませんよね。

それと同じように、日々を大切に過ごしていれば、スケジュール通りこなさないなんてありえないはずです。

1日を大切に思う気持ちが足りないため、やり抜く意志力が発揮されず、スケジュールの見立ても甘くなるということだと思います。

【スポンサードリンク】


 

糀(こうじ)を朝ごはんに取りいれる

1日1回、糀を食べる習慣を身に付けたいと思っています。

今日の朝は、塩こうじを使った朝ごはんを家族のために作ってみました。

この本で勉強した結果を行動に。

 

たら・きゅうり・とうふを前の日に塩こうじに漬けて、次の日食卓に出すだけ。
たらは焼いて出しました。

 

味噌汁はこちらを読んで勉強。

 

ダシを取るためにこんぶと干ししいたけを水に浸けておき、朝作ってみました。
img_20170102_074704

 

朝ごはん、おいしかった!
意外にも、たらの塩こうじ焼きが子どもに人気でした。

 

中期目標:塩こうじをつくれる男になる

そしてなんと、ズボラなぼくが、塩こうじ作りにチャレンジしています。
img_20161231_091505

育てはじめて5日目、少し色が変わってきました。

楽しみです。

 

まとめ

「毎日がイベント」

そう生きれたら、もっと色濃く、素晴らしい毎日になると思いました。

それではー!

 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ