【古本買取】ツイッター口コミ2016年11月まとめ:バリューブックス編

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
こんにちは!
バリューブックスでアルバイトをはじめてから、インターネットで古本買取販売をしている会社の情報ががぜん気になりだした信州上田の大野です!

古本買取についていろいろ調べていたら、インターネットで古本買取販売をしている会社って日本に結構あるんだというのがわかってきました。

 

まずはアマゾンでの古本売り上げ最大規模を誇る長野県上田市にある「バリューブックス」が運営する高価買取サイトVaboo!

本・漫画セット・DVD・ゲーム/高価買取サイトVaboo

 

そのアマゾンがついに古本買取を始めた!とウワサの愛知県大府市にある、リコマース!

amazonログインで簡単に買取【リコマース】

 

「もったいない」をモットーに活動する、出荷梱包自動化がウリの山梨県南アルプス市にある、もったいない本舗!

買取ならもったいない本舗

 

他にも、
BUY王(バイキング)

漫画買取ネット

『駿河屋』

メディア買取ネット

教科書買取専門店による教科書買取サービス【テキストポン】

ネットオフ

 

・・・・・・

キリがないのでこの辺でやめておきます。笑
でも、世の中には本当にたくさんの古本買取販売をしている会社がありますよねぇ……

 

古本を買取を選ぶときの「決め手」とは

各社、他にはない独自のサービスで差別化を図っていますが、思うに、要らなくなった古本を買取りに出す人が大切にするのは、そこではありません。

おそらく古本買取会社を選ぶときの決め手になっているのは、「買取金額」「古本リユースの工夫」だと思うのです。

 

決め手その1:買取金額

読み終わった本を買取に出して、そのキャッシュバックでまた新しい本を買いたいですよね、当然。
だから、いらなくなった古本の買取金額が高ければ高いほど、素直に嬉しいですよ。

 

決め手その2:古本リユースの工夫

あと、古本を買取に出す人の多くは、「大事な本を捨てるのはしのびない」と思っているはずです。

買取金額は、そりゃ高いに越したことはありませんが、そこまでこだわらず、自分の送った古本が有効活用されることを願って買取に送られる人が多い。

古かったり人気がなかったり、インターネット上での市場価値がかなり下がってしまっている古本は、売るのが難しいのですが、そんな古本でも、ただ捨てるのではなく施設に寄付したり、チャリティーイベントで出したり、対面で販売したりと、工夫をすれば活用できる・売れるチャンスって結構あるはずなんです。

買取った本をどうしているの?
リユースするためにどんな工夫をしているの?

というのを見ている人は結構多いのです。

 

一番参考になるのはつぶやきによる口コミ・評価かもしれない

というわけで、古本買取をお願いする会社を選ぶときに最も参考になるのはツイッター上のつぶやきじゃないかと思ったワケです。

そこで!

古本買取販売をしている会社名をツイッターで検索し、1ヶ月分を抜粋してまとめてみようと思います。

5件を上限として、該当するツイートをピックアップしていきます。
古本買取に出す会社を選ぶときの参考にしてくださいね。

初回はバリューブックスのツイッター上での口コミをまとめてみます!

【スポンサードリンク】


 

バリューブックスについてのポジティブな口コミ


※wiredウェブ版のツイートは約100件確認されました

 

バリューブックスについてのネガティブな口コミ

古本販売についてのネガティブなコメントはあったものの、会社についてのネガティブなコメントはありませんでした。

 

買取金額についてのポジティブな口コミ

 

買取金額についてのネガティブな口コミ

 

まとめ

酸いも甘いもありますが、そんなの当たり前ですよね。

人と人だって「相性」があるんだし。

でもだからこそ、なるべく公平に判断してもらえるように、ポジティブなコメントもネガティブなコメントも、しっかり載せていこうと思います。

あなたと相性の良い、古本買取会社が見つかるといいですね。

次回はリコマース編をやろうかな。

バリューブックス

バリューブックスの情報はこちらから↓
コーポレートサイト:http://www.valuebooks.jp/

ツイッター:https://twitter.com/ad_valuebooks

フェイスブック:https://www.facebook.com/valuebooks/

 

それではー!

 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ