ジョコビッチのグルテンフリーな朝食を真似してみた:パワーボウルで最高の1日をスタートしよう。

スポンサーリンク


 
食べ物が心と体を作っていると信じ始めた、信州上田の大野です。

もうね、朝食に何を食べるかは決めましたよ。

決めると楽です。

【スポンサードリンク】


 

大野式グルテンフリー朝ごはん

ジョコビッチの「ジョコビッチの生まれ変わる食事」に書いてあったパワーボウルです。

これが大野式パワーボウル。

大野式パワーボウル

 

厳密に再現しているわけではありませんが、とにかくはじめてみて、感触を味わい、感覚を養いながら、毎日完食しています。

 

最高のスタートをきるための大野式グルテンフリー朝食の作り方

ぼくのはじめてのパワーボウルの材料は、すべて西友で仕入れました。

大野式パワーボウル

 

オートミール

まずはオートミール。

大野式パワーボウル オートミール 西友 大野式パワーボウル オートミール

 

「フレークとかシリアルとかなら他にいくらでもあるじゃん」

と思うかもしれませんが、よく売れているフレークとかシリアルにはほぼ小麦が使用されています。
小麦が悪いワケではありませんが、最高のスタートをきるためには避けたほうがよいなと「ジョコビッチの生まれ変わる食事」を読んで思いました。

オートミールは小麦が含まれていない、グルテンフリーな炭水化物です。
朝は1日のエネルギーを体内に蓄えるために、どうしても炭水化物が必要。

そのベースとなるのがオートミールです。
1回でだいたい30g入れます。

日本食品製造 プレミアムピュアオートミール 300g×4個

 

次に種(シードミックス)です。

大野式パワーボウル シードミックス

 

西友のシードミックスには、ひまわりの種、かぼちゃの種、クコの実、松の実に加えブルーベリーまで入っています。

大野式パワーボウル シードミックス

 

「ひまわりとかかぼちゃの種なんて、ハムスターとかリスのえさじゃん」
と思うかもしれませんが、種ってすごいんですよ!

種は植物が生まれる源。

栄養価も高く、人間が健康を保つために必要な栄養が豊富につまっているのです。
ひまわりの種はメジャーリーガーが試合中に食べたりするので有名ですよね。

朝から種を食べることは、とても健康に良いのです。

1回で一つかみ混ぜます。

4種の元気のタネ

 

ナッツ類

そしてナッツ。

大野式パワーボウル ナッツ

種と同じく、ナッツも体によい食べ物です。

くるみ、アーモンド、カシューナッツ、ピーナッツなどなど。
一口では語れない、美味しさと栄養を豊富に含んでいる食べ物です。

1回で、各ナッツを2つずつ入れます。

無添加ミックスナッツ 1kg

 

ドライフルーツ

お次はドライフルーツ。

大野式パワーボウル レーズン ドライフルーツ

 

今回はレーズンのみにしました。

レーズン ドライフルーツ

 

ドライフルーツは良い糖分を豊富に含んでいます。
睡眠で体力を使った体のエネルギー補給にもってこいです。

でも、糖分ならなんでも良いというわけではなく、摂るなら上質な糖分である「フルクトース」が良いのだそうで、それははちみつや果物に含まれている天然の糖分です。

一方、お菓子やエナジードリンクに含まれている強い甘みを感じる「スクロース」は、血糖値が上昇するスピードが速いため極力避けたほうが良いそうです。

糖分を摂るなら、フルクトースがいいのですね。

レーズンは1回に10粒入れています。

SUNRISE カリフォルニアレーズン1kg(油不使用)

 

くだもの

お好みでバナナやりんごを。

大野式パワーボウル バナナ 大野式パワーボウル りんご

ちなみにぼくは、りんごを1/4入れたらその日お腹の調子が悪くなったので、バナナだけにしました。
バナナは、1回に1/2本いれています。

 

はちみつ

はちみつを少したらします。

大野式パワーボウル はちみつ

適当にたらしましょう。

 

大野式グルテンフリー朝食完成

大野は、ここに隠し味としていただきものの「雪塩」をいれます。

大野式パワーボウル 隠し味 雪塩

 

そして牛乳を入れます。(本当はアーモンドミルクやココナッツミルクが良いそうです)

大野式パワーボウル

 

完成。

材料費は、10日分で1500円くらいでした。

 

どのように食べるのか?

よく噛んで、ひとつひとつの素材をゆっくりと味わうことが大切です。

ひとつひとつに、味があり、エネルギーがあり、ルーツがあって、いま口の中にある。

よく噛んで、ひとつひとつに含まれている情報を分解していかなければ、食べ物のことはわからないままです。

それに、もっと口に仕事してもらったほうが体にとっては良いのです。

内臓はデリケートですし、自律して動いているのでコントロールすることができません。

優しくしてあげることしかできないのです。

だからできるだけ咀嚼して唾液を出し、「もうすぐ食べ物がいくよ」と教えてあげると胃は準備ができますし、食べ物を細かくしておけば胃の負担は減ります。

そうすると、体全体として余計なエネルギーを使わずに済むのです。

 

まとめ

最初は「見ため的にどうかな…」と思ったのですが、美味しいんです。

それに、かなりお腹に溜まるんですよねぇ。

大野式パワーボウル

 

向き合って、噛みしめなければ、知ることができないことがたくさんあります。

大野式パワーボウル

 

そして、決めたら迷わないので朝が楽です。

ぼくには「ジョコビッチの生まれ変わる食事」に書いてあった「パワーボウル」マッチしました。

でもこれはあくまで一例で、みなさんそれぞれに合う、最高のスタートをきれる朝食があると思います。

ぜひ見つけてみてください。

それではー!
 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

     follow us in feedly   

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。よろしくお願いします!好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ