目の前のことに「気を使う」ということ。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
昨日、アルバイトでレタスをちぎっていたときに思ったのです。

レタスをちぎるという行動は、とても単純です。

レタスをちぎることに神経を集中させなくとも、レタスをちぎることはできます。

でも、レタスを頭の中で描いた通りの形にちぎろうとするのは、とても難しいんです。

レタスの繊維の方向と、ぼくの指の力のいれ方が合わなければ、思うようにはちぎれてくれません。
レタス

【スポンサードリンク】


 

ぼくはそのとき考え事をしていて、レタスをちぎろうとせず、レタスをちぎっていました。

ボーッとしているときに、ちょうど入ってきたアルバイト仲間に、「レタスちぎるのって難しいですよねぇ」と言われたんです。

ハッと我にかえりました。
レタス畑

 

今、目の前のことに意識を向けること。

集中すること。

気を使うこと。

これは簡単なようで、とても難しいことだ。

心と体の準備が、少しでも足りなければできません。

 

 

我に返ってレタスと向き合いました。

レタスはみずみずしく、生きていました。
レタス

 

一枚一枚、丁寧にちぎってみる。

レタスは自分の命を、人間に分けてくれている。

自然と感謝の気持ちがこみ上げてきます。

 

 

「ありがとう」と言ってみると、

この言葉は、なんて気持ちが良いのだろうか…

と気づきます。

「ありがとう」という言葉を言わせてくれてありがとうと思いました。笑

 

 

つまらないことがあっても、楽しいことがあっても、
上田市 2016/11/24 雪

 

どんなに悩んでいても、ハイテンションでも、
上田市

 

悲しいことがあっても、
上田市 空

 

いつも忘れてはいけないこと。

それは、目の前の物事に向き合うこと。

目の前のたったひとつ、たったひとりに、「気を使う」こと。

集中することです。

 

そのために毎日があり、

とどこおりなく今日を過ごすために、

昨日があり、

明日がある。

そんなことを、レタスに教えてもらいました。

 

今日も丁寧に。
それではー!
 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ