【真田丸】大阪城が会社みたいになっててシビれた。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

 
こんにちは。
ここ最近の真田丸44〜46話「築城」「完封」「砲弾」を一気に観た、信州上田の大野です。

いやぁしびれますねぇ。

しびれた理由を3つご紹介します。

 

「真田幸村」の誕生:本気の覚悟の意味だった

真田信繁は、大阪城入城と同時に「真田幸村」と名前を変えました。

それを知った、兄・信之は「父上(昌幸)が使っていて、私が捨てた『幸』の字を拾った。あいつは本気だ!」と言っていました。

「幸村」という名については諸説ありますが、このタイミングで改名の理由をこんな風に使うとはスゴいなと思いました。

幸村は「本気である」ことを見事に表現し、観ているぼくたちをしびれさせてくれました。

【スポンサードリンク】


 

軸を持っている:だからどんな手を使ってでも勝つことを目指す

幸村は、総大将の豊臣秀頼公に、「決めるのは総大将である秀頼公。自分の言葉の重みをかみしめて、自信を持って発言してください」というようなことを言っていました。

自分の判断に自信を持ち、側近や母親の茶々の言葉に惑わされなくなった(と自分では思っている)秀頼が、側近にそそのかされて徳川との「和睦」を判断しようとするシーンがありました。

ですが、徳川家康の考えをよく知る幸村は、「現時点での和睦は負けである」と止めに入ります。

にもかかわらず秀頼は「和睦」を一旦決めました。

秀頼のその判断に誤りがあると判断した幸村は、茶々の力を借りて「和睦」を取り下げにかかります。

「和睦など絶対に認めません」と母親に怒られた秀頼は、幸村に「決めるのは総大将である私だと、言葉の重みをかみしめて欲しいと、言ったのはおぬしではないか……」と涙目で訴えます。

幸村は、「わたしはここに勝つために来ました。そのためにはどんな手も使います」と。

「勝つ・負ける」とはどういうことなのか?
この戦の目的はなんなのか?

自分の中に確固たる軸がなければできません。

しびれました。

 

組織は大きくなっても人は人:それでも勝つために諦めない

秀頼は素晴らしい青年に成長しましたが、若いが故、経験不足が故に周りの言葉に翻弄されます。

秀頼さえ無事ならいいと考えている母親の茶々さま、徳川と裏でつながっている織田有楽斎、不安を煽るよくわからない口うるさいおばさん。

そんな豊臣側の中で一致している意見が「浪人たちを信じるな」です。

せっかく豊臣秀吉を慕って集まってくれた人たちを、いつ裏切るかわからないと言って思うようにさせません。

裏切り者がそそのかし、不安だけ煽るやつがいて、最後の最後は「この城の本当の主はわたしよ!」という母親。

そして、軍議で決まったことは、その人たちが覆します。

・・・・・・

どうですか?
理不尽ですよね。
なんか、大きな会社みたいじゃないですか?笑

でも、それでも幸村は「豊臣を見捨てるわけにはいかない」と言って、その制約の中であらゆるアイデアを出してできる限りのことをします。

普通の会社員だったら、「しょうがないじゃないっすか〜だって何にもわかってない上が聞かないんですもの〜」と言って愚痴って終わりですよ。

ぼくにもそういう時代があったのでわかります。笑
しびれますよ、これは。

途中でひっくり返されても、ありえない制限を受けても、絶対にあきらめずに策を考え続け、実行し続ける。

なかなかできたもんじゃありません。

しびれますよねぇ。

 

まとめ

幸村は義に厚い男で、秀吉から受けた恩をいままさに返そうとしています。

さらに、父と一緒に過ごした時間が長かったため、父が徳川から受けた屈辱を自分のことのように意識しています。

そして一人では徳川に太刀打ちできないこともわかっている。

その上で、どうすれば目的が達成できるか?を考えて行動し続けています。
真田幸村 上田駅

 

自分の中にある軸がわかっていれば、多少のことではブレません。

幸村にはおそらく「秀吉への恩返し」と「父の仇打ち」という「2本の軸」があり、強力です。

ありえないほど理不尽な状況でも、諦めずに行動し続けることができるかどうか?」で、その人の能力の限界が決まります。

だから能力の限界は「自分の中にある軸をどれだけ強固につくりこむことができるか?」にかかっています。

真田丸、今後の展開も理不尽な感じですが、幸村がどう立ち振る舞うかはいまを生きるぼくらにも参考になること間違い無しでしょう。

目が離せませんね。

それではー!

 

 

いいねやフォローをしてもらえると、シッポをふって喜びます!

          follow us in feedly      
LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

1980.1.1 東京生まれ 2016年3月に長年勤めた工作機械メーカーを退職し、「独立して生きていく」ことを目指して出発しました。 文章を書くこと、子どもと触れ合うことが大好きです。 「相手の望んでいることを120%理解し、自分にできうる最高のパフォーマスンスを発揮する」ができる人間になることが、2016/8〜3ヶ月の目標。 最終的には「人の中に眠っている力を発見し、引き出せるヤツ」になりたいと思っています。 よろしくお願いします! 好きなこと: 歌(カラオケ)/ブログ/読書/ノート/旅/キャンプ